読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賽の河原で待ち合わせ

死ぬまで、女をやる予定

恋と物件

いつか、恋人がわたしに「家を選ぶ時の、絶対条件って何?」と何気なく尋ねた。
わたしは“もしかしてプロポーズ!?”と囃し立てたい気持ちをグッと腹の底へと留め、想像を巡らせた。

そして「ベランダがあること」と答えた。彼は拍子抜けした顔で言った。
「いや、絶対に譲れない条件だよ??バストイレ別とかじゃないの??」


そりゃあ、バストイレは別に越したことない。できれば外観と内装もオシャレなほうがいい。デザイナーズ、リノベーション、なんて素敵な響きでしょう。
それから駅からの距離、近くにコンビニが有るか、治安も大事。もちろん日当たりは重要。オートロック、宅配ボックス有、浴室乾燥機付も有ればきっと便利よね…


でも、それら全てをクリアした物件があったとして、しかも家賃も予算内だったとして。
でも、もしもベランダがなかったら…と考える。
もしも全てがクリアされていても、ベランダがなければ、わたしはそこには住みたくないと思う。

では逆にベランダがありさえすれば、何処ででも住めるのかという話になると、もちろんそんなことはないのだけれど。


これは、婚活の条件の話に極めて似ている。

身長170センチ以上、大卒以上、次男、別居、年収安定、35歳まで、バツはイチまで、できれば初婚、スポーツが好きで、親切な人…

挙げたい条件はそりゃあ沢山あるだろう。それらを全部クリアした男性が、自分を好きだと言ってくれている。

銀行員だし、きっと親も安心してくれる。顔だって生理的に無理ってわけじゃないし、優しいし。何よりこの人を逃したらもうわたしを好きだって言ってくれる人なんてあらわれないかもしれない。
これを断るなんて、わたし身の程知らずだよね??もう29歳、若くないし…

でも、でも、でも、でも、繋がれた手になんとなく違和感がある。
一緒にいて、楽しくないというより、苦痛に近い。

何がダメってわけじゃない。変な性壁もなさそうだし、DVも浮気も借金もなさそう。何が文句あるのって言われたら、文句ってほど何かがあるわけじゃない。




ある程度の年齢を重ねれば、自ずと気づくことだが、全てが理想通りのピッタリあう相手なんて妄想の中にしか存在しない。

だから、幸せになるには、そもそも覚悟が必要です。

向き合っていって、すり合わせていって、手を取り合って、決してあきらめない。そうやって幸せになるぞっていう覚悟。そうして、わたしが幸せになることは、相手を幸せにするということ。

それを固められないならそれはもう、アウトだと思うんですよ。
ベランダがないのよ。

わたしは晴れた日に、思い切りお布団をベランダで干したいの。
そういう日々を重ねて生きたいの。
雨で濡れたベランダを睨む日もあるだろうけど。


ただ、わたしが注意してほしいのは、誰かと比べてしまって恋に踏み出せない場合。
やっぱり元カレが良かった、付き合えなかったけどあの人が良かったなど。
それはまだちゃんと向き合ってないだけかもしれないから、早合点しないでほしい。
そのベランダは偽物です。妄想のベランダ。妄想の中にしか存在しない。


でもそうじゃないなら、一対一で向き合ってやっぱり無理なら、自分を殺しても恋なんか出来ないと思う。

幸せになる覚悟が出来てるなら、
なんなら、ベランダから飛び降りることだってあるのよ。